公園概要

しゃくなげの森は、宮崎県三股町にある6ヘクタール(東京ドームと同程度の規模)の敷地に世界各国のシャクナゲを集めた、植栽数、種類数日本一のシャクナゲ観光植物園です。

自然豊かな園内には、自然の景観を生かしたシャクナゲ公園、ヤマメの養殖場、レストラン、釣堀りの施設があり、四季折々のイベント期間中は、県内のみならず、遠方からのお客様で賑わいます。
しゃくなげの森が誇る世界中から集められたシャクナゲは、質量共に日本最大です。他ではみることができないシャクナゲの巨木が遊歩道に影を落とします。「花木の王様」と称されるシャクナゲの迫力を実感することでしょう。

日本はもちろんネパールや中国雲南省、台湾等各国の山野に咲く力強い生命力を持つ原種やイギリスやアメリカ等で歴史的に交配された色彩豊かでダイナミックな花々、そして近年日本で交配された品種が南九州の地に咲き乱れます。

見上げるような大木に太陽の光を浴びて輝く赤い花。木漏れ日のシンとした空気に可憐に咲く淡いピンクの花。深い緑の中に貴婦人のような気高さで佇む黄色の花。

百花繚乱の春をしゃくなげの森でお楽しみください。